スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(行ってないけど)「第19回CGアニメコンテスト」についての、かなりネガティブな所見

●ルサンチマンまる出しなので格納↓
(でも誰かがこういうことを言ってもいいと思う)


●出す気もなければ、出しても入賞できっこないような作品しか作れない者が言うのもなんですが…

 第19回CGアニメコンテストレポート
 先週はDoGA CGアニメコンテスト
 ぐんにょり日記: CGアニメコンテスト
  (以上、(・∀・)イイ・アクセスより)

>アート色の強い作品が多くストーリー系が少ない
>受賞作品の多くが卒業制作
>制作者の多くが、テレビアニメを今ほとんど見てない
>なんだかイケメン率が多くなってきています(笑)

 昔、ノルシュテイン監督の特集番組がNHKであって、監督と「ユーリ・ノルシュテイン賞」に出品した若者達との交流の模様が流れたんだけど、
監督:「『ライムライト』は観たか?」
若者達:「……」
監督:「『タイタニック』を見たことある人」
若者達:(手を挙げる)
監督:「だからだめなんだよ!」
 というような会話があって、おしゃれで今風で、どう見てもアート系大学生でしかない彼らが、はぁ?というかんじに苦笑していたんだけど、要するにこのコンテストもそういう人たちが主流になってきたってことね。

 アニメを作り始めてかれこれ4年になるんだけど、作品を作ったり技術を身に着けたりするのには、時間あるいはお金のどちらかが膨大に必要だなぁ、とつくづく思います。
 一秒につき8~24枚の絵をちまちまと描けばアニメってのはできるもんなんだけど、高価なソフトを使ったり素材集を組み合わせたりすれば、そうした労力もかなり軽減されるわけでして。
 またアニメを作る技術も、そういうのを教えてくれる学校に通えば、余計な苦労や時間をかけずにすむわけでして。

 つまり、生活に困窮している者が時間と気力と幾ばくかの費用を捻出して作った作品よりも、(親のすねかじりでしかない)アート系学生がおしゃれやデートの合間に作った作品の方が、見た目に豪華で、しかも作りもしっかりしているってこと。
 某監督は、小学生の頃から親にパソコンを買ってもらっていた、とか言ってたし、そもそも自主制作アニメ関係のトップクリエイターって豊かな階級出身の人が多い(ようなかんじがする)ので、まぁ今さらな分析ですけどね。


 ワーキングプアってのは悲しいなぁ…

comment

管理者にだけ表示を許可する

音楽とかと同じで、生活にゆとりがあるほうが有利なんでしょうね。

それに学生さんの場合は就職活動の意味もあるから、技術的に「使えそう」と評者に思わせるようなソツのない好感度の高い作品を優先することになるのかなと。

あと、そういう作品はテレビアニメの世界にどっぷり浸っているより、ある程度ステレオタイプな感覚を持っていたほうがうまくいくんだと思います。
そうするとちょっとだけ尖らせた部分が際立って見えますし。

ただし、以上がイケメン率の上昇とどう関係しているのかは、謎ですw

低年齢化については我々で食い止め(ry

 日暮里さんこんにちはです。
 愚痴に付き合わせてしまったようで申し訳ありません(>人<;)

 イケメンとは、もともとの身体的構造と共に、ファッションにかけるお金と時間の要素も強く関与していると思うんです。
 標準程度の外見があれば、美容院に行っておまかせでカットしてもらい、ファッション誌みたいな格好をして、とりあえずそのまま数ヶ月過ごせば、たいがい誰でもそれっぽくなります(けどやはり個人差は…)。
 ただ、そんなことやってると時間とお金がなくなって、余暇は家でごろごろしてTV見てることしかできなくなりますけど。

 あまりTVアニメを見ていない、というのは、私達も似たようなもんだと思うので、まぁそんなもんでしょうね。
 TVアニメばかり見ていて、TVアニメのようなものを作ろうと思っても、人数や時間や技術や設備や予算の関係上できるわけもなく、もしできたとしてもその劣化版でしかないです。
 むしろアニメ以外の趣味・見識を持ちそれを自作に反映させようとする方が、TVアニメやその他プロのアニメ作品に見られない表現ができると思うし、アマチュアによる個人作業というハンディキャップをプラスに転換する、たった一つの冴えたやりかただと思います。
 (日暮里さんの時代劇に対抗して、私もそれなりの方法論で新しく作っている作品があるのですが、なかなかに作業が進まんのんですよはい。秋か冬くらいには完成する予定なんで、期待せずに待っていてくださいなw)

 音楽は、動画以上に金銭的ヒエラルキーが支配している世界なんで…
 楽器、マイク・アンプ等の音響機器、DAWソフト、シンセ、各種音素材、どれも良い物は高い、高い物は良い、という図式になってます。
 それなりに使える程度の機材をそろえるだけでも、相当のお値段に(ギターだと、7万円以上の物、できれば15万程度の物じゃないと、録音に耐えられる音がでなかったりします…って、AfterEffects買えるじゃん!)。
 そういうわけでレスポールが欲しいです。

 アート系作品は、作品内容はともかくとして表現は勉強になる作品が多いので、割と好きです。
 むしろ、まず内容ありき、という同人系作品の方が、見ていて辛かったりとか(人のことは言えない(笑))。
 あと、低年齢化については私達で食い止め(━_━)ゝ

follow wunimo at http://twitter.com
プロフィール

斑石うにも

管理人:斑石うにも
自主制作アニメサイト AJIHIRA を運営しています。
日記を中心として、週に1,2回の更新を目指します。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。