スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中には誰もが逃げ出す仕事というのがあり、それを引き受けざるを得ない人もまた存在する

●仕事の話です。
 
 以前、改装工事をさせていただいた店舗の経営者の方から、さらなる工事の依頼が来たのですが…
 戦後すぐに建ったお店で、これまでの半世紀以上の間に幾度かの改装工事を繰り返してきたらしく、構造やら電気配線やらがわやくちゃで、あの時はとてつもなく苦労しました。
 そんでもって仕様変更や予算増加で散々にもめたので、正直言ってやりたくないので断ろうとしてたんだけど、「どうしても」と押し切られてしまったんです。
 んで前の工事を担当した大工さんに頼んだらやたら忙しそうで納期に間に合わなくて、他の大工さんに来てもらったら「こんなところの工事はできない」と断られてしまって、んで人づてに腕のいい人を紹介してもらったらずっと昔に詐欺行為をしていた人で(工事代金を支払わないことで有名だった…うちも被害者の一人。。。)、しょうがないのでさらに別の人の紹介で別の大工さんに来てもらって、どうにか工事がスタートしたんです。

 TVでリフォームがどうとかの番組があるけど、古ければ古いほど一筋縄ではいかなくて、あんなに簡単にイメージどおりに進むはずもなく、壁とか床とかをはぐってみないと分からないことがほとんどで、ある程度の解体が進んでからようやく工事仕様の話が落ち着いたのでそれを図面にまとめて持って行くと、
「何これ?ダサイじゃない」
 と駄目出しされる始末。
「いえ、これがおっしゃっておられた仕様なんですが…」
「ここをこういうふうにして!」
「あの、それだと予算がこのくらいで…」

 前回の失敗を踏まえて私も多少は賢くなったようで、散々に罵倒されながらもきっかりと話をまとめましたとさ。


Fotowooshはどんな写真も3D化する (from 機能の黒板みたびさん)

 写真を自動判断して3Dにしてくれるっていう、夢のようなソフト。
 サンプルを見る限り、アニメの背景用にはまだまだ使えないなぁ、と思っちゃうけど、素材や下絵としてならけっこういけるかもしれない。

 このまま技術が進めば、多方向からの複数画像を解析して、自動で3Dモデルにしてくれるソフトが出るかもしれませんね。
 そしたらものすごい楽だ! ぜひ欲しい!!!

 とりあえずは、VRML形式での出力が可能、ということで、たいがいの3Dソフトでサポートされているフォーマットなので嬉しい。
 (ほんとはOBJファイルで出してくれるとさらにありがたいんだけど…プラウザ表示をメインにするとやはりVRMLになるんだろうなぁ。それにしてもVRMLって、いつのまにそんな標準的な規格になったの? アカデミックなジャンルで使う実験的なフォーマットだった気がしたんだけど。そういえば昔、挑戦してみたことがあるんだけど、スプリクト打つのが面倒で、パルテノン神殿みたいなのを作ってみて諦めたなぁ…)

comment

管理者にだけ表示を許可する


follow wunimo at http://twitter.com
プロフィール

斑石うにも

管理人:斑石うにも
自主制作アニメサイト AJIHIRA を運営しています。
日記を中心として、週に1,2回の更新を目指します。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。