スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背景についてはいつも悩みます


 ajiwuni060925.jpg


 時間があるなら、2Dで手描きの方が画面にしっくりくると思うんです。
 3Dで描かれた背景は、2Dで描かれたオブジェクトとの融和性がとぼしくて、見ていて「あれ?」と思ってしまいます。
 ただ、パースまで手で描くとなかなかに難しいので、時間と少しの予算があるなら、3DCGでおおまかに出力したものをレタッチする方が、完成度の高い背景が描けると思います。
 一度3Dでデータを作ってしまうと、様々な視点・広角でスクリーンショットが得られるのでかなり便利なんだけど、3DCGソフトはそれなりの値段がするし、使いこなすのも難しかったり。

 一番背景を最も完成度を高く描く方法は、ロケハンに行って写真を撮りまくって、それをなぞって描くことだと思います。
 現実に存在するものを描くのだから絵に説得力があるし、何よりイメージがつかみやすいです。
 ただ、とんでもない時間と、とんでもない予算(車or交通費、その他雑費)、そしてかなりの体力的余裕が無いとできないですね。

 ところで私は時間も予算も無いし、仕事に追われて休日くらいは体を休めたいんです。
 そういうわけで、ちゃっちゃとモデリングできるソフトを捜してきてはコンピューターに計算をさせて、それをそのまま使っているんです。
 Vue5とか、3Dインテリアデザイナーとか。
 画面エフェクトは、2Dと3Dをなじませようとする努力だったりするんだけど、うーんあんまり成功してないなぁ…

●いやまぁ私は背景以前の問題として、デッサン能力をどうにかしないといけないとは思うんですがw

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

follow wunimo at http://twitter.com
プロフィール

斑石うにも

管理人:斑石うにも
自主制作アニメサイト AJIHIRA を運営しています。
日記を中心として、週に1,2回の更新を目指します。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。